カラオケしようと言って男2女3でホテルに。

カラオケしているときにこっそりとエッチした体験談。



ナンパスポットにひやかしに行った日のことです。



Nちゃんは当時かなりノリノリで遊んでいたコでした。

女の子にはやさしいけど男の子には厳しくて、気にいらなかったらケリ入れちゃうコトもあったりw

でも基本的に男の子好き&エチ好きなコでした。

Tちゃんは色白小柄で目がおっきくてカワイイ女の子。

当時フリーで遊びにいくならわたしも連れてって!ってカンジでつるんでますた。



運転はNちゃん。

ナンパ場で適当にお話して、普通に帰るもんだと思ってたけどNちゃんが、1、2度会ったことのある男の子二人と意気投合。

前回会ったときに「次また会ったら遊ぼう」って約束していた子達でした。



でも夜中だし、田舎だし、遊びに行くと言っても周りは真っ暗w

しかも住んでいるところよりさらに田舎の方で、はっきり言って山の中。

たぶん今日は解散だなーと思ってたのでつが・・。



Tちゃんとわたしは後部座席で二人でお喋りしてました。

Nちゃんは車を降りて彼らの車で結構長い時間話していたと思いまつ。

やや記憶が曖昧。

なんせ昔の事なので。

大汗で、Nちゃんが戻ってきてすご~く言いにくそうに「あのさぁ・・あたしすっごくカラオケ行きたいんだよね」って。

でも近くに24時間やってる所なんてないし、地元に戻るには時間かかりすぎるし・・。



「それはいいんだけど、どうするの?市内まで行くの?Tちゃん反対方向だよ」って言ったらさらにすご~~く言いにくそうに「24時間カラオケ歌えるトコあるやん?」と言ってモジモジ。



「???」



「ええとね、ほら、ラブホ・・」



「ああ~」



Tちゃんとわたしは割とまじめに見られる方だったので、軽蔑されるんじゃないかって思ったらしいw

(ちなみに6人で行ったときよりも前の話ですw)

「うん、別にいいよ~」Tちゃんとわたしの返事を聞いて、Nちゃんは男の子達に報告。

5人でラブホに行くことになったのでした。



部屋に入ってまずやったことが、なぜかお風呂にお湯をためることw

なんでだったんでしょうね~。

たぶん男の子達がふざけてやったんだかわたし達の誰かが「せっかくだからお風呂に入りたい」って言ったんだかだと思います。



でもお湯が出ない・・。

洗面所もお風呂場も、とにかくその部屋の蛇口からはお湯が出なくて別に大して必要もないのにフロントにクレームw指定された部屋に移りました。

その時は5人なのは隠して、二人の振りして入室してたのでバレないように他の三人は息を殺して・・修学旅行で先生に見つからないように!

みたいな子供っぽいノリで楽しんでましたw



別部屋に移ったらお湯が出るのを確認してwNちゃんは早速カラオケ。

男の子達・・テツヤ君とタカシ君はNちゃんをすっかり気に入ってる様子で三人で大盛り上がり。

あまりカラオケって気分でもなく、どちらかといえば眠かったTちゃんとわたしは二人でベッドに潜り込んで「すごいね、鏡張りだね」なんて言ってマターリお話ししてたのでした。



テツヤ君とタカシ君は歌ってるNちゃんをヨイショヨイショで二人ともNちゃんがお目当てなんだろうな~と、Tちゃんとわたしは二人でゴロゴロ。

しばらくしてわたしはさっき出しておいたお風呂のお湯を止めに浴室へ。

戻ったらTちゃんもカラオケに参加してて、かなり盛り上がってて。



あまり参加する気のなかったわたしは「わたしお風呂に入るね」と言い残して再度浴室へ。

そこのホテルはロールカーテンを開けるとベッドルームから浴室が半分くらい見える造りだったのですが男の子達反応wでも「どうせからかってるんだろ。ホントには入らないんだろ」とか言ってなーんか、見ようと必死になってる姿を笑おうとしてると勘ぐったらしく、せっかく?本当に入ってたのに覗かれたり入ってこられたりはしませんでした。



展開としてはオモシロクないですねww



その状況で本当にお風呂に入っちゃうわたしもわたしだけどw

お風呂から戻ってきたらカラオケ誘われたけど、ベッドにゴロン。

ベッドに潜り込むと隣に、Tちゃんじゃなくてなぜかタカシ君がすべりこんできたのです。



「こっちに来てていいの?Nちゃんまだカラオケノリノリだよ」って言ったら「いいのいいの。俺もちょっと疲れたしさ~。一緒に寝ようよw」って。



当然後の三人が「おいおい~、二人でエッチなことしてんなよそこで」ってからかってくるw



「するわけないしー」



「じゃあご期待にお応えして襲っちゃおうかな」



「まてまてまて」



そんなやりとりをしばらくしてたけど、三人はまたカラオケに集中。

今にして思えばテツヤ君がわざと盛り上げてる感じだったかも・・。



最初は普通にお喋りしたり、本当にウトウトしたり。

でもタカシ君が少しずつ体を近づけてくるんです・・。

二人とも仰向けで肩がくっついてそれからタカシ君がみんなに背中を向ける形で横向きに。



「あれ?髪ちょっと濡れてるよ?」って首筋に触れてきて、わたし、首筋弱いからビクンってなっちゃって。



「だって・・ホントにお風呂入ったんだもんw」って言ったら「マジで!?覗くべきだったあ」って言ってまた指を首筋に這わせて、「んっ」て肩をすくめたわたしに「ここ、感じるの?」って・・。



いつの間にか体は密着してるし、お風呂上りで体は火照ってるし、なんだかドキドキしてきた。



ハウ小さい小さい声で「ダメだよ、感じちゃうから。みんないるのに」って言ったけどタカシ君は「うんうん、そーだね」って言いながらも「他はどこが感じるのかなあ?」ってお布団の中でもぞもぞ。



うんうんって、わかってないじゃーん!と思いながらも少しずつ感じてきちゃうわたし・・。

最初は腰や腕の内側を撫でてたんだけど、腰から手が少しずつ上がってきて脇の方から胸へ。

わたし、本当に胸弱いから、体がビクンってはねそうになりますた。

ああ、すぐそこに友達がいるのに、濡れてきちゃう。

すごくドキドキする・・。



あんまりわたしたちが静かになったから、「マジでやってんじゃないよね?」ってヤジ?が飛んできてタカシ君は体を起こして「してねーから、つかうるさいから」とかなんとか言い返してる。



ちょっとだけホっとしたわたしは壁に向かって寝返り。

今度はタカシ君、後ろからぴったりくっついてきました・・。



タカシ君は今度はすぐに胸に触ってきました。

ハウウ。

やっぱりまだ続くのねw

胸触られるとヘロヘロになっちゃうわたしは、声を我慢しながらもされるがまま。

服の上から触られててもどかしくなってきたわたしは、タカシ君が服の中に手を入れてきたときとうとう自分からブラのホックを外してしまいました。



「んっ・・くふ・・っ」



「おっぱい大きいね・・感じやすいの?気持ちいい?」



・・答えれませんてばw



今度は服とブラを一緒にたくし上げて、ベッドに潜り込むかたちで乳首をちゅぱちゅぱ。

仰向けになって見上げたら、鏡張りの天井に自分の感じてる顔が映ってる。

ウワーするとまた三人から声が飛んでくるwタカシ君いちいち反応。

わたしは感じちゃってるのと、実は本当にバレてるんじゃないかって気持ちで心拍数上がりっぱなし。

でもホントに見つかったらヤバイよう。



またわたしの方に向きなおすと今度は太ももに手が・・。

短いスカートの中に手が入ってきてパンティに指がかかります。

その時わたしはヒモぱんを履いてて感触でわかったタカシ君は「ほどいていい?」って。

わたしはちょっといじわるして「ダメ」って言いました。



そしたら「えーっいいでしょ、ね?ね?」ってお願いしてくるの。

ほどいていい?って聞かれるのもオイオイって思うけど、ダメって言われてもほどこうよ、ここまできたらw

でもいまさら「いいよ」でもないし、パンティはほどかれることなく下ろされました。

わたしすごく濡れやすいから、タカシ君、触ってびっくりしたみたい。



「こんなに濡れてる・・感じてるんだ。嬉しい」って。

やってることは大胆だけど、手つきとか、あんまり慣れてる感じじゃなくてホントに嬉しそうしてますた。



「Mちゃん、俺の、俺のもさわって」ジーパン越しにタカシ君の硬くなったものをナデナデ。

タカシ君はガマンできないって感じでベルトをもそもそ外しはじめました。

でもベルトの金具の部分がカチャカチャ音を立てるのでゆっくりやらないと見つかっちゃいます。

それに体の動きをあんまり大きくするのもあやしいし・・。



タカシ君はもどかしそうに、ちょっと焦りながらなんとかジーパンの前を開けることができました。

その間にちょっと余裕の出来てたわたしは、タカシ君が誘導した手を振り払って、ニコリ。

ベッドに頭まですっぽりもぐってお口でぱくん、したのです。

タカシ君きっとびっくりしてたよねwわたしは上手いと言われているお口技でくちゅくちゅ。

ジーパンが邪魔だったのと、苦しい体勢だったのであんまり丁寧にはして上げられなかったけど。



時々友達から合いの手(w)が入ってドギマギしながらもベッドの中のテンションは上がります。

ハァハァわたしはタカシ君のを手でゆっくりしごきながら、乳首コリコリされたり、耳たぶにチュウされたり。

もう声をガマンするので精一杯。

でも「はぁっ」ってたまに声が出ちゃう。

自分で自分の声聞いてうわわ~ヤバイよう、って思いながらも余計感じちゃう。



タカシ君は指で小さくクチュクチュと音を立てながら「Mちゃんのここに入りたい」って切なそうに言いました。

うう~ん、さすがにそんなことやったら絶対みんなにわかっちゃうし・・。

でもわたしも入れて欲しいって気持ちになってたので、なんとかがんばっちゃいました。

で、なんとか悪戦苦闘しながらもタカシ君がわたしの中に・・。



でもやっぱり激しい動きとかはできません。

気づかれないようにゆっくりゆっくりわたしの中を出たり入ったり・・。

今声かけられて応えられなかったら、誰かこっちにきちゃうよね・・。

もう、体出じゃなくて頭で感じちゃってました。

絶対異常な光景なんだけどw



そしてまた声がかかりました。

今度はかなり本気で怪しまれてるう。

ちょっと焦りつつも適当な返事をしながら、体を離して衣服を直しました。

もうこれ以上は無理と思ったわたし達は、観念してベッドの上に起き上がって座りました。

でもタカシ君は諦めきれず、トイレでしようよ、って言ってきます。



「それもあやしいよw今日は無理だって」と言いながら、また会ってもいいかな~ってちょこっと思ってました。

その瞬間までは・・。



最後に声を掛けてきたのがNちゃんだったんですよね。

で、タカシ君、Nちゃんの悪口いいだしたんです。

びっくりしかも。



「本当は俺がMちゃん、テツヤはTちゃん気に言ってるんだよね。Nちゃんのことは女と見てないから」



なんて言い出したんだす。

それでわたしカチーン!!

あんだけNちゃんNちゃん言ってて、なんだそれ!?と思って、友達をバカにされたのも腹が立って・・。

解散する前に連絡先聞いてきたけど答えませんでした。

当然彼らとはそれっきりです。

ムカムカ

最後は萌えないオチでごめんなさいです。

読んで下さった方ありがとうでした。

チャンチャン