img
中学ん時の話を一つ。

当時、付き合って一年になる、恵美という彼女がいた。
彼女とはまだ普通のキスしかしたことはなかった。
もちろん、俺は正直ヤりたかった。

けど、生徒会副会長という身分上、ある程度理性ある行動を心がけていた。

正月だった。
恵美は父親の実家へ帰った。
一週間くらいだったろうか。
その間も、夜に電話して密に連絡をとっていた。
ある日、いつものように恵美と電話をしていた。
冬休みの宿題の事、恵美の従姉妹の事、他愛もない話だ。

そして俺は、特に意味もなく「帰ってくるの、8日だっけ?」と恵美に聞いた。

恵美「いや、7日だよ」

俺「帰ってくるの一日早まったの?」

恵美「8日、午前から部活あるから、恵美だけ早く帰ってくるの」

・・・ちょっと気になって。

俺「7日は何時頃に帰ってくるの?」

恵美「16時くらい、かな?」

(ん?16時から、次の日の朝まで恵美は家で一人?)

なるほど。
そこで俺はこう言い返した。

「7日、恵美が帰ってきてから、恵美ん家に遊びに行っていい?」

恵美は二つ返事で、「いいよ!」と言ってくれた。

俺はドキドキした。
早く7日が来ないかと。
家に行ってやることは一つだ。

7日になった。
恵美が家に着いたら、俺の家に電話が来るはずだったが、俺は待ちきれず、16時前には恵美の家の周りをうろついていた。
遠くから、恵美が歩いてくるのが見えた。
そのとき、よくわからないが俺は隠れた。
何か、自分が悪い事をしてるように思えたのだ。

恵美が家の中へ入ってくのがわかった。
俺はすぐに恵美の家のインターフォンを押した。

恵美はビックリした顔で、「どうしたの?」と言ってきた。

俺は「ちょっと、早く会いたくなってさ」とすました事言って誤魔化した。

恵美は「拓海が早く来すぎだから、部屋汚いよ・・・」と、女の子らしい事を言いながら、自分の部屋へ案内してくれた。

最初は普通に談笑。
くっだらない事話してた。
でも、俺はずっとドキドキしてた。
チャンスを見計らっていた。
二人共、恵美の部屋で座りながら話してたし、恵美は向かいにいるから、なかなか手を出しにくかった。

そのとき、恵美が「何か飲み物持ってくるね」と、席を立ったのだ。

これはチャンスと思い、席を立ち部屋を出ようとする恵美に、後ろから抱きついた。

そして「飲み物なんかいらないよ」と、耳元で囁いた。

恵美はビックリしていたが、離れたり嫌がったりするような素振りはなかった。
むしろ、腰の辺りに添えている俺の手に触れている。
恵美をこちらに向け、キスをした。
一度離れ、もう一度キスをした。
しかし二回目は舌を入れようとした。
恵美も最初は何のこっちゃといった感じだったが、意味がわかったらしく、意外にもすんなり舌を入れてきた。
俺はそのまま恵美を床に押し倒した。
恵美は意外とすんなり事を受け入れてる。
それから何度も何度もキスをした。
時には、恵美のほっぺにもキスをした。

右ほっぺ→口→左ほっぺ→口→右ほっぺみたいな流れでキスをしていた。

ただ、俺も男だ。
それだけじゃ物足りなくなる。
家の中だからだろうか、季節には珍しく薄着だった彼女の服の背中方に手を入れた。
徐々に手を首の方へ持っていくと、恵美は時折、体を身震いさせた。

(これが性感体か・・・)と思い、意地悪く何度も触ってやった。

恵美は、“やめて”という素振りもなく、小さな声で「はぁ・・・」と何度も喘いでいた。

まだまだだ。
まだ俺は胸を触ってない。
見た感じだと、中くらいの大きさか。
さきほどから、背中を触ってる時に、ブラに当たっていたのが気になっていた。
俺は恵美の下腹部辺りをさわりながら聞いた。

「ここ、触っちゃイヤ?」

“ここ”というのがどこか恵美にはわかったらしい。

恵美「いやじゃないけど・・・」

俺「どうしたの?」

恵美「恥ずかしいよぉ・・・」

俺「大丈夫だよ!」

恵美「うん・・・」

半ば強引だが、胸を触ってもいいという“お許し”をもらった。
ブラの上からだが、初めて胸を触った。
形はしっかりしてる。
なんとも言えない感じだった。
俺のアソコは張り裂けそうだ。

「あぁぁ・・・んん・・・」

恵美は喘ぐ。
理性など、どこかへ飛んでいってしまった。
今度は何も言わずに、恵美が上に着ていたTシャツを脱がした。
さすがに恵美もビックリしたらしく、「やめてよ!」と言ったが、胸を揉み始めると静かになった。

俺はブラを外そうとした。
しかしうまく外せない。
構造を理解してなかった。
仕方ないので、腕を引っ込めさせ、無理矢理、肩の紐を外した。
完全には外れてないが、薄いピンク色の乳首は露わになっていた。
俺はその小さな乳首に吸い付いた。

「あぁぁ・・・、うぅ」

恵美は誰もいない家なのに、声を殺して喘いでた。

しかし、部屋が暑かった。
暖房が効きすぎていたのだ。
さすがに暑さには耐えらなくなって・・・。

「この部屋暑くね?シャワー借りてもいい?」

挫折してしまった。
しかし、彼女も残念そうだった。
何か物欲しそうに・・・。

とりあえず、早いとこ汗を流してしまおうと、服を全て脱ぎ、パンツを脱ぐと、何か付いていた。
精液だった。
まあ、無理もないと自分に言い聞かせ、シャワーを浴びた。
シャワー中、アソコが異常なまでに立っている事に気づいた。
シャワー中に二回抜いた。
恵美の事を考えて・・・。

早く恵美の所に行きたくて、とっととシャワーを浴び終え、脱いだものをもう一度着て、恵美の部屋へ向かった。
既に恵美は服を着直していた。

そして「恵美も汗かいたからシャワー浴びてくるね」と部屋を出て行った。

何か、ちょっとした悲壮感に浸りながら、恵美を待っていた。
・・・が、覗きに行った。

今日の俺はダメだ。
最悪のダメ人間だ。

恵美は風呂から上がったようだ。
体についた水滴を拭き取っている。
丁寧に、丁寧に・・・。
恵美が体をふき終わり、服を着ようとしたその時。
脱衣所のドアを少し開けて覗いていた俺は、勢いよくドアを開け、恵美に抱きついた。

さすがに恵美もビックリしたのか、「何するの!?」と抵抗した。

しかし、そんなのお構いなしに、恵美にキスをした。
舌を絡めあい、長い長いキスを。
恵美をキスをしたまま部屋へ連れていった。
今度はベッドの上に押し倒した。
一旦、口から離れ胸に吸い付いた。
さきほどの続き、といった感じに。
恵美はさっきとは比べものにならない声で喘いでいた。
まあ、それでも小さな声ではあったが。
恵美の体の色んな所にキスをした。
小ぶりだがしっかりした胸、小さなお尻、きれいな首筋、そして・・・、恥部。

恵美も恥部をキスされた時はビックリしたようだ。
しかし、それ以上に気持ちいいらしい。
体は小刻みに震えてる。
俺は口をもう一度、恵美の口へとやった。
また濃厚なキスをした。
今度は右手を恥部にやりながら・・・。
童貞ではあったが、無駄に知識はあった。
恵美はまた喘いでいる。
震えるような小さな声で。
そんな恵美の姿が物凄く愛おしく思えた。

「可愛いよ、可愛いよ、恵美」

俺がそう言うと、恵美は「あっ、あっ、ありがとう、ッ」と声を振り絞って言った。

だが、さすがに同じことの繰り返しに飽きてきた。
フェラでもしてもらおうかと思ったが、何か嫌だった。
自分のアソコが入った口とはキスしたくなかった。

(次は何をしようか・・・)

キスをし、右手を恥部にやったまま、考えていた。
この日は少し短絡的だったかもしれない。
今すぐにでも挿れたいと思った。
恵美の恥部は・・・、いい感じに濡れている。
さすがにこれはお許しが必要だと思い・・・。

俺「挿れてもいい?」

恵美「よくぅ・・・、わかんないぃ・・・」

なるほど。
そんな事考えられない状態なのかと、勝手に解釈した。
挿れる事を決意した。
ただ、あいにくコンドームを持ち合わせてなかった。
俺は馬鹿だ。

コンドーム無しで、挿れる事にした。
恵美は性の知識に乏しいから、コンドーム無しで挿れようとしてる事に疑問をもたなかった。

俺はドキドキした。
お互いに初めてなのだ。
決意し、恥部から右手を離した。
恵美は少し残念がっていた。
それほど気持ちよかったのだろう。
でもすぐに今以上の快楽が得られる事を恵美は知らなかった。

右手で自分のアソコを持ち、恵美の恥部にゆっくりと挿れた。

「あぁ、んん・・・。うぅ」

恵美は声にならない声で喘いでいた。
何とか入りきったようだ。
俺はすぐにでも出してしまいそうだった。
予想以上だった。
・・・しかし、ここである事に気づいた。

(膜がない・・・)

いわゆる“処女膜”というのがなかったのだ。
少し怖かったが、恵美に聞いてみた。

俺「誰かと、やった事あるの?」

恵美「ないよぉ・・・。初めてだよぉ」

何度聞いてもそうだった。
・・・その時、処女でも処女膜が無くなる事はある、という話を思い出した。
定期的に激しい運動をしている人だと、処女膜が無くなる事があるらしい。

(彼女はバスケ部だから、そういう事なんだ)と言い聞かせた。

気持ちを切り替え、今の現状に全ての力を注ごうとした。
俺が上から、突き続けた。
その度に「あっ、あっ!あ・・・」と大きな声で喘ぐ。
物凄く可愛く見える。

「好きだよ、恵美」と言い濃厚なキスをした。

俺はまた突く。
すると恵美が・・・。

「わ、私もぉ・・・。あっ・・・」

・・・大変な事になった。
頭は興奮状態。
俺は異常なまでに突き続けた。
恵美も恥ずかしがらずに、喘いでいる。
時折、胸にも吸い付く。
恵美はまた喘ぐ。
初体験だった俺だが、恵美は感じる所が多いような気がした。

そのとき、意外な事が起きた。
恵美が俺を押し倒したのだ。
恵美が自分から動いている。
騎乗位というやつだ。
腰を上下にピストン運動させている。

「あぁ・・・。いぃ・・・」

俺も下から突く。
これはヤバいと思った。
出そうだった。
さすがに中出しはヤバいと思ったが・・・。

「なんかぁ、もうダメェ・・・」

恵美もイキそうだったのだ。
彼女は激しく動く。
俺は胸を揉みながら、突き続ける。
もうだめだ、イク。
俺は抜こうと試みたが、恵美が上にいるため抜けない。
恵美は動き続ける。

(もう・・・ダメだ・・・)

・・・果ててしまった。
中出ししてしまったのだ。
恵美は俺の上にかぶさっている。
恵美もイッたのだろう。

・・・とりあえずアソコを抜いた。

恵美は後ろで眠っている。
とりあえず、シャワーを浴びに風呂場へ向かった。
・・・シャワーを浴びていると、いきなり風呂場のドアが開いた。
恵美だった。

「一緒に浴びようよぉ」

意外だった。
恵美からそんな事を言ってくるなんて・・・。
俺の答えを聞く前に恵美は風呂場に入ってきた。

「洗いっこしよっか?」

また恵美からである。
今日はいつになく積極的だ。
また恵美は答えを聞く前に、俺の体を洗う。
アソコの辺りを洗ってると、恵美の手が止まった。

「触っても・・・いい?」

俺は間髪入れずに、「どうぞ」と答えた。
恵美は不慣れな手つきで俺のアソコを触る。
そんな危なっかしい感じが、また良かった。
さっき出したばかりなのに、また立ってきた。
恵美はビックリしていた。

「へぇ~」と興味津々であった。

さっきあんな事をした仲なのに、何故か恥ずかしかった。

「早く洗ってよ!」

俺がそう言うと、きちんと洗い終えてくれた。

次は俺の番だ。
まずは手から洗っていった。
次に胸だ。
洗う前に乳首を舐め回した。

すると・・・。

「いやぁぁぁ・・・。そんな事したらぁ、・・・またヤりたくなっちゃうでしょぅ・・・」

そういう事ならと、洗うのをやめ、再びキスをした。
腰を引き寄せ、再び挿れた。
恵美は、「あぁ・・・」と喘ぎ、自ら腰を動かしている。

本当に不思議だ。
あの恵美が自分から・・・。

恵美が言う。

「拓海・・・、好きだよぉ・・・」

・・・俺はまたすぐに果ててしまった。

二回目の中出し。

・・・アソコを抜き、二人で軽くシャワーをかけ、風呂を出た。

その日はそのまま泊まる事にした。
夜は、別になにもやっていない。
隣で一緒に寝て、たまに胸を触ったり、アソコを触られたり・・・。
それだけで二人とも幸せだった。