img
24才の会社員です。
先日、ふみえの処女を奪ったときのことを話します。

ふみえは私の職場に6人いる派遣社員の1人で、歳は一つ下です。
半年前に出会いました。

出会った頃の彼女は外見も地味で、異性としての興味は全く感じませんでした。
しかし彼女は仕事中、わからない事があるとよく私に助けを求めてきたし、家に帰る方向が同じで一緒に帰ることも多かったので、自然と話す回数も増え、親しくなっていきました。

私たちは苗字が同じだったこともあり、2人の時は「ふみちゃん」「わたるさん」と呼び合うようになりました。
そして何回か一緒に食事に行ったりしているうちに、少しずつ彼女の良さがわかってきました。
彼女はよく気の利くやさしい女性でした。
また、最初は地味だった外見も、髪型を変えたりしていくうちに洗練されてきて、美人ではないけれど、落ち着いた雰囲気を漂わせる素敵な女性に変身していました。

ある日、私はふみえを誘って一緒に食事をした後、ふみえを部屋まで送っていき、彼女の部屋で話しました。
ふみえは自分の容姿や性格、仕事の能力を他の派遣社員と比べて引け目を感じていたこと、困った時に私が助けてあげたことがとても嬉しかったことなどを話してくれました。
私は話を聞いているうちに、ふみえが愛しくてたまらなくなってしまいました。

そして思わず「ふみちゃんだってかわいいよ。それに性格もいいし、仕事も頑張ってくれるし、ふみちゃんがいると一日が楽しいよ」と言うと、ふみえは「やだ、そんな・・・。お世辞でも嬉しいです。わたるさんにそんなこと言ってもらえるなんて・・・」と、恥じらってうつむいてしまいました。
その姿があまりにかわいくて、私はとうとう理性を失ってしまいました。

私はふみえをベッドに押し倒し、夢中でキスをしていました。
ふみえは驚いた様子で「やっ・・・わたるさん・・・だめ」と言いましたが、抵抗はしませんでした。

私はそのままふみえの上に重なり、首筋にキスをしながら服の上からふみえの胸に触りました。
それでもふみえは抵抗しなかったので、私は服を脱がせました。
初めて見るふみえの裸は白い肌がとてもきれいでした。

「ふみちゃんの肌、すごくきれいだね」と言うと、ふみえは「やっ・・・恥ずかしい」と言って恥じらいました。

私はますます興奮して乳房に吸い付きました。
ふみえの胸は小さいけれど、形や手触りは中々のものでした。

ふみえも次第に高まってきたらしく、「んっ、んんっ・・・」と声を上げ始めました。
下半身に手を伸ばすと、ふみえのそこはしっとりと濡れていました。
私が右手と口で乳房を、左手でクリトリスを愛撫すると、ふみえの喘ぎ声は「あんっ、ああっ・・・」と一段と高くなり、下半身は愛液が溢れ出てきました。

私は我慢できなくなって、自分のモノを取り出し、「ふみちゃん・・・入れるよ」と言うと、ふみえは「本当にわたしとしてくれるの?」と言いました。
私が「ふみちゃんと一緒になりたいよ」と言うと、ふみえは「この年になって恥ずかしいけど、わたし、初めてなの・・・。それでもいいの?」と緊張した様子で聞いてきました。
私は「嬉しいよ。ふみちゃんの大切なものをもらえるなんて。ふみちゃんこそ、俺でいいの?」と言うと、ふみえは「ずっとわたるさんのこと好きだったんです。やさしくしてください・・・」と、目を閉じて私を受け入れてくれました。

私は挿入したあと、しばらくはふみえの体を抱きしめて温もりと柔らかさを味わいました。
ふみえは最初とても痛がりましたが、すぐに落ち着きました。
そこで私はゆっくりと腰を動かし始め、次第にリズムを速めました。
するとふみえは「はあっ・・・わたるさん・・・わたるさん・・・」とかわいらしい声で喘ぎながら、私の体を力いっぱい抱きしめてきました。

ふみえの膣はとても締まりが良くて、私も「ふみちゃん・・・気持ちいいよ」と言いながら夢中で腰を動かしました。
そして「ふみちゃん、出すよ・・・あっ」と声をあげてふみえの膣内に射精しました。
ふみえは私の体を抱きしめたまま、全身を震わせて絶頂に達していました。

その晩、私はふみえの部屋に泊まり、3回もしてしまいました。
そして私とふみえの関係は、ちゃんとした恋人として今も続いています。