img
<和美とのはじまり>
大学時代、スーパーでバイトしてました。
僕はその頃、同世代の女の子に対しては何かと意識してしまい、うまく話が出来ませんでしたが、年配の女性とは気軽に話をよくしていたので、レジのおばさん連中からは人気があるようでした。


おばさん連中の中でも和美とは特に仲良しで、家も同じ方向だったので、バイト帰りはほとんどいつも一緒でした。
和美は当時42歳で(自分の母親より2つ下)、夫と娘一人の主婦でした。
特にきれいというわけではありませんが、ポッチャリした可愛らしい感じのおばさんです。

その頃僕は彼女が欲しくてたまらなくて、同じスーパーで気になって仕方ない可愛い女の子がおり、その子の前で、和美を含むおばさん連中に懐かれることを少し恥ずかしく思っていたくらいだったので、要するにおばさんという人種に対してまったく女を意識してませんでした。

バイトを始めて半年くらい経った残暑厳しい秋口、店長がスーパーのスタッフを集めて温泉旅行をしようという企画が持ち上がりました。
おばさん連中はみんな、「みんなが行くなら主人に相談できるのに」といった感じで盛り上がっていました。
バイト帰りに和美ともその話になり、和美はその時、「やまちゃん(僕)が行くならあたしも行こうかなあ」というようなことを言ったらしいのですが、僕はよく覚えていません。

結局40人くらいの大所帯で熱海に行ったのですが、僕の好きだった女の子は来ませんでした。
夜、宴会が始まって、一通り盛り上がった後、カラオケ・麻雀・散歩等、いくつかのグループに分かれ、三々五々散っていきました。
僕はまだ酒の飲み方をよく知らない学生で、気持ち悪くはなかったのですが、飲みすぎでフラフラして部屋で一人横になっていました。
しばらくして、「やまちゃん、大丈夫?」と和美が部屋にやってきました。

「うん、大丈夫。和美さん、2次会とか行かないの?」

「汗かいて温泉に入り直しているうちに、みんな外にカラオケしに行ったみたい。おいてきぼりくっちゃった」

そう言って僕の横にゴロリと寝転がって話をし始めました。
話をしているうちに、和美が下着を着けていないことに気がつきました。
少し肌蹴て見える乳房に視線がどうしても行ってしまいます。

「あたしの胸、気になる?」
「和美さん、下着つけてないの?」

「うん、浴衣だから。普通つけないんじゃない?」
「・・・」

「やまちゃん、彼女とかいないの?」
「・・・ええまあ」

「でも、やまちゃん可愛いから、モテて困るでしょ」
「そんなことないよ。女の子と話すのちょっと苦手だし」

「あら、失礼しちゃう。あたしだって女なのに。・・・エッチの経験は?」
「1回だけ」

「ふーん、そうなんだ。・・・触ってみる?」
「え?」

和美は僕の手をとり、自分の胸の中に入れました。
柔らかいマシュマロのような感触が手のひらいっぱいに広がりました。

「柔らかい・・・」

「そう?・・・擦ってみて」

僕は言われるがままに和美の乳房を揉みました。
和美の乳首は硬く大きく突起していて、そこに触れると、「あん」と声をあげます。
いつの間にか2人の脚は絡み合っていて、和美の内股のすべすべした感じが僕のペニスを勃起させています。

「やまちゃんのも触らせて」

和美の手が浴衣の中に滑り込み、ペニスを握り締めました。
それを合図かのように2人はしっかり抱き締めあい、互いの舌を引っ張るように吸いあいました。
僕は我慢できなくなり、和美の浴衣を脱がせようとすると・・・。

「だめだよ。人が来ちゃう。ここって店長と一緒の部屋でしょ。帰ってから。ね?」

「店長達は徹マンで麻雀部屋から一晩中帰ってこないから大丈夫だよ」

そう言って和美の肉厚な体を開きました。
2人ともとても興奮していて、互いに貪り合うように強い力で愛撫しあったのを覚えています。

「やまちゃん、して」

和美は脚を大きく開き、潤んだ目で言いました。
僕は夢中で和美の中に入りました。

「あふぅ」

初めて見る和美の表情に僕はどんどん興奮していきます。

「あー、あたし、浮気してるぅ、でも、でも、気持ちいいー」

普段の和美とはまるで別人のように、いやらしい言葉をいっぱい言うのです。

「やまちゃんのチンポがあたしのオマンコに出たり入ったりしてるー。あひぃー、おっきいよー、気持ちいいよー、こんなにいいの初めてよー。してぇ、もっとしてぇー」

生温かい感触の中で腰をいっぱい振りました。

「あひぃ、気持ちいい、気持ちいい、オマンコが、オマンコが気持ちいいのぉー。見せてー、やまちゃんのチンポとあたしのオマンコのとこ、見せてー」

和美に見えるように腰をリズミカルに打ちつけると、その動きに合わせて声をあげます。

「あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん」

耐えられなくなったのか和美は目を瞑り、僕の腕に必死にしがみついてきました。

「イクー、イクー、あたしのオマンコがイッちゃうー」

そう言って僕の腰を両脚で締め付け、声にならない叫びをあげてイッてしまいました。
僕も、ほとんど同時に、和美の中にいっぱい出してしまいました。

「中に出しちゃったんだ」

「ごめん」

「ううん。あたしもやめて欲しくなかったし。でも、たぶん大丈夫な日だから」

結局、大丈夫ではなく、このとき和美は妊娠してしまいました。
このあと朝5時くらいまで、2回ほど中出ししてしまったので、1回目でそうなったのかどうかはわかりませんが。

<あれから4年>
この間、色々ありましたが、今でも和美とは続いています。
和美と関係を持って4年。
社会人になった今は大抵僕のマンションでSEXする。
会社の借り上げのワンルームで危険なのだが、今でも週に2回はするのでホテル代もバカにならない。
会社があるので、学生時代ほど時間の都合がうまくいかない。
どうしても我慢できない時は、夜中や朝方に呼び出して来てもらう。
夜中はコンビニ、朝はジョギングと理由を色々つけさせて家から出て来るようにさせ、会う時間を作っている。

僕が会社を休んで会うこともある。
今朝がそうで、さっき事が終わって和美は帰って行きました。
午前半日会社を休み1週間ぶりのSEX。
朝9時前、部屋に来るなりディープキス。
いつもより力がある。

「家でシャワー浴びてきた」

そう言って和美は僕のズボンを脱がす。

「じゃ、俺も浴びてくるよ」

和美は首を振り、跪き、僕のチンポを咥える。

「欲しくて・・・欲しくて・・・たまらなかったの・・・」

和美の熱い吐息を下半身に感じる。
前戯もほどほどに、入れたくてたまらなくなったので、和美のマンコに指を這わせるとすでにぐしょ濡れ。
マンコの線に沿ってチンポでなぞってやると、「焦らさないで」と言うので、乱暴に一気に奥まで突き入れた。

「あひぃ!壊れちゃう!でもいい!!もっと!奥まで突いてぇ!」

何百回となく関係している体なので、互いの気持ちいいところは知り尽くしている。
反り返った僕のチンポのカリの部分が、マンコの中の上の部分を出たり入ったりするのが和美にはたまらないそうだ。

「もっともっとしてぇ、もっと突いてぇっ、あひぃ!!」

愛液は流れっぱなしで、びちゃびちゃ音を立てながら腰を振っている。

「もうだめぇっ、あぁんっ、ああ、うぐぅ、突いて、あぁんっ!」

46歳にしては可愛らしい顔が、悶えると醜いまでにブサイクになる気もするが、僕にしか見せない無防備な和美の表情に興奮する。

「あぅんっ、あぅんっ、あぅんっ、イクっ、イクッ、イクイクイクっ!一緒にイッてぇっ、あひぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~っ!!!」

たまらずそのまま中に出した。
ビクビク言ってるちんぽを強弱をつけ、僕のチンポから精液を吸い出すかのように、マンコで締めつける。
和美の体はたまらない。

和美と過した学生時代バイト先の慰安旅行で和美と関係を持つようになり、学生時代はほとんど毎日のように和美とSEXしていた。
情事の場所は僕のアパート。
バイト帰りに必ずと言っていいほどアパートに来てSEX。
和美のパートが休みの日は、朝から一日中SEX。
学校なんかほとんど行かなかった。

朝、旦那と子供を見送ると、掃除・洗濯をした後(こういう所も好きだ)、僕のアパートに自転車で直行してくる。
和美は少し自虐的なところがあるのか、SEXの最中に色々なことを言う。

「もっとあたしの体を使ってぇ」とか、「いっぱいあたしの中に注ぎ込んでぇ」とか、「あたしの体で性欲処理してぇ」とか・・・。

こうして書いてみると、とてつもなくバカバカしいが、その最中はとても興奮する。
何か言われる度に乱暴な気持ちになり、和美の乳房を鷲掴みにし、乱暴に腰を叩きつける。
和美はレイプされているかのように上半身を暴れさせているが、下半身は快感を追求し続ける。
僕が腰を前後左右に振り回しやすいように少し腰を浮かせ、まるで『もっと犯して』と言わんばかりだ。
そのうちエビ反りになり、白い太股で腰を締め付け悶絶する。
毎日がこんな感じだった。

学生時代に僕は、和美に色々なSEXを経験させてもらった。
和美との関係で僕はSEXテクはとても上達したように思う。
それまで同世代の女の子とは緊張して話もできなかった僕だったが、SEXで自信がついたのか、いつしかそれも無くなっていた。
他の女の子を抱く時も終始リードできたし、和美に比べればみんな可愛いものだった。
何度か普通に彼女も作った。
が、和美との関係は切らなかった。

「彼女いてもいいから、あたしのことも抱いて」

そういうので和美とした色々なSEXを全ての女に試し報告した。
その後の和美は決まって激しく、僕が抱いた他の女に負けないよう色々と奉仕した。
和美とのSEXを他の女とも試し、気持ちよかったと報告し、また和美はそれ以上に奉仕する・・・。
学生時代、和美は僕にSEXを教えた女である。
今は和美にそのお返しをいっぱいしてあげている。
つい2時間くらい前まで、僕の体の下でひぃひぃ言っていたんですが、ちょっと昔を思い出したので。

<和美とのアナルSEX>
先日の情事はおねだりされてのアナルSEXでした。
アナルSEXは時々楽しみます。
僕はそんなに好きというわけではないのだが、思いっきり中出しできるので嫌いではありません。
和美はどちらかと言うと好きなよう。
アナルにローションをたっぷり塗って、バックからペニスを先から根元まで一気に出し入れし、マンコにはバイブを同じく奥まで入れてスイッチを入れると、前と後ろから中をグシャグシャにされているようでたまらないらしい。
更に口をキスで塞ぎ目隠しをすると、苦しい体勢と息苦しさに最高に気持ちいいとのこと。
息も絶え絶えに・・・。

「いいぃ、気持ちいいよぉ、あたしの穴を全部埋めてぇー!」
「あ~下半身が変になるぅ、いっぱいいっぱい掻き回してぇー!」
「あたしの体をもっと弄んでぇ!」
「ひぃぃぃ、裂けるぅ、壊れちゃうよぉ!」

少し鼻水を少し垂らしながら、涙目で体をガクガクさせながら最後はイキまくってました。
アナルSEXをすると便通もよくなるようで、言われてみると下半身が初めの頃より少しスッキリした感じだが、僕は二段腹くらいの和美がエロチックで好きだ。
ちなみに和美は自分のウンコがちょっぴりついた僕のペニスをいまだに舐めてくれない。

<和美の妊娠>
中出しで思い出したが、和美はこれまで2回僕の子供を中絶している。
1回目は初めての温泉旅行の時で、2回目は和美との情事が旦那にバレた時だ。
関係を持って半年かそこらした頃、僕らは互いの体がないと困るくらいにSEXに溺れていた。
僕はSEXの醍醐味を覚え始めた頃だったし、和美は久しく忘れていたSEXの快楽を思い出していたからだ。

ある日和美から、「しばらく会えない」と電話があった。
当時、僕からは連絡を取らない約束だったので、一方的に連絡が取れなくなった。
バイト先でもかえって不自然なくらいによそよそしくなり、僕に気づかれないようにさっと帰ってしまう。
どうにも我慢できずに、バイトを休んで和美のパート帰りを待ち伏せした。
半ば強引にアパートに連れ込み事情を聞くと、最後に会った日に、別れ際のキスを偶然旦那に見られたということだった。
当然旦那は激怒したらしく、僕のことを散々聞いたらしいが、「街中で声を掛けられた人と数回関係を持った」と、なんとか誤魔化しきったとのこと。

二度としないことをきつく約束させられ許してもらったようだが、その夜旦那にSEXを強要されたことも告白した。
引け目があったので仕方なく応じたというのだが、僕は嫉妬でいっぱいになり、和美を押し倒した。
SEXなら何十回となく俺としてるじゃないか、なんで旦那に抱かれる必要があるんだ、と訳のわからない嫉妬心でいっぱいだった。
いつもよりはかなり乱暴に和美のマンコに指を突っ込み掻き回すと、和美のマンコはいつもと変わらずすぐにぐしょ濡れに。

「旦那の時もこんなに濡れたのかよ」
「よして。そんなこと言わないで」

「じゃあ、なんで寝たんだよ。したんだろ?」
「やめて。お願いだから、もう言わないで」

「和美が他の男に抱かれるなんて嫌だ。和美は俺だけのものなのに」
「嬉しい。あたしだってもうあなただけに夢中なのよ。あたしの体はあなたにしか感じないもの」

夢中で和美を裸にし、ゴムをつけずに直接入れた。
和美は何も言わずに僕を受け入れた。
生で触れ合っている感覚に二人とも異様に興奮していた。

「和美、気持ちいいよ、すごく気持ちいい。こんなに愛してるんだ」

互いに深く繋がろうと腰を押しつけ合う。
和美の子宮に僕の亀頭がぶつかるたびに和美は、「イイ、気持ちいいよぉ」と叫び続ける。
正常位でぴったり抱き合いながら、和美の股の間で自分の腰を振りまわした。

「あんっ、あんっ、あんっ、あんっ、あんっ、あんっ、あんっ」

和美は眉を八の字にし、潤んだ泣きそうな目でじっと僕目を見続けていた。
愛しさが爆発し、僕は体全体で前後した。

「イク、イクゥ!やまちゃん、一緒にイキたいー!このまま離れたくないよ、中でぇ、中でイッてぇー、一緒にイカせてぇー!」

僕は和美がイク瞬間に合わせて中にいっぱいぶちまけた。
これまでにない快感だった。
イキっぱなしと言うのだろうか。
ペニスのビクビクとマンコのビクビクが絶妙のタイミングで繰り返された。
二人とも声を出すのが億劫なくらいに消耗した。

この後、抜かずに何度も中出しした。
この日は中出しのことには特に触れずに、これからはもっと慎重に愛し合う時間を作ろうと約束をして、互いに抱き締めあいキスを繰り返した。
こんなに和美を愛おしいと思ったことはなかった。
この時、和美は妊娠した。
妊娠がわかって堕ろすことになった時も切ない気持ちを確かめ合った。
普段は互いに快楽を追及するだけのSEXだが、こういう出来事があると、互いにどうにもならない関係に切ない気持ちをぶつけ合い、愛し合うSEXをするのです。