img
暇を持て余して、初めて出会い系サイトを利用して3人の女性に会うことができました。

前回は23歳のOLさん、前々回は26歳のOLさんでした。
少し高額を提示しましたが、28歳のトモミさんで、旦那さんと別れて2年になるバツイチさんです。


「パート先が休みで暇してた」というクチでした。

僕より年下でしたが、バツイチだけあって大人な雰囲気がメールからも判り、何となく年上の女性とメールをしているような感じになってしまっていましたが、数日メールのやり取りをしてから、会うことになりました。
トモミさんは少し気だるそうな雰囲気がある、ちょっとエロそうな感じの女性でした。

初日は飲みに行って終わりましたが、連休最終日にまた会うことになりました。
待ち合わせ場所に行くとトモミさんは少し酔っているみたいでしたが、何となくという雰囲気でホテルに行きました。
初日に飲んだだけで別れたので、完全にダメだったと思ったのですが、再び誘われてイケると確信しました。
相手も、そのつもりで誘ってきたと思います。

部屋に入ると急に積極的になって、ベッドに押し倒されると激しく舌を絡めてきて、全身を弄られました。
元人妻ならではのエロさとテクニックがあり、僕はもうメロメロで、いつ発射してもおかしくないくらい興奮してしまいました。

トモミさんは「ああ、久しぶり。私にも、私にもして」と、淫らに服を脱いで僕の手を取るとオッパイに導きました。

僕は興奮に任せて荒々しく揉み、乳首も捻るように摘みました。
トモミさんは騎乗位風の体勢で僕の股間に自分の股間を擦りつけるようにして、さらに乱れました。
それはまるで溜まっていた欲求不満が爆発した淫獣のようでした。
しかも、どんどん腰の動きが早く、強く擦りつけてくるので、ズボン越しだというのに、想像以上の気持ちよさで何度もイキそうになってしまい「たんま、ちょっとたんま」と言って止めてもらったほどです。

でも、僕はトモミさんの気持ちが萎えないように、シミだらけになったパンティの上から舐めてから、直接、舐め回しました。
トモミさんの性感帯はクリトリスのようで、そこを集中的に舐めると、あっという間に絶頂しました。
イッた後も「もっと、もっと」と言うので、体をピクピクさせるトモミさんのオマンコを舐めまくりました。
5回か6回、10回以上イッたでしょうか、トモミさんはイクたびにどんどん淫らになって、最後は狂ったように喘ぎました。

僕も気持ちよくなりたかったので、しゃぶってもらおうとビンビンのチンチンを口元に近付けたのですが、「早く入れて」と言われてしまったので、しょうがなくガマン汁が出まくったチンチンを挿入しました。
トモミさんは身動きができないといった感じでぐったりしていましたが、チンチンが入るとまた狂ったように喘ぎ、乱れまくりました。
オマンコの中は挿入感がないほどグチョグチョに濡れていて、突くたびに潮吹きのように愛液を噴出させました。
僕の股間はビショビショで、シーツは愛液で水溜りができそうなくらいの量が出ていました。

射精感に堪えながら、しばらく突いていると愛液がだんだん粘り気を帯びてきて、オマンコのヒダと一緒に絡み付いてくるような気持ちよさに変わってきました。
2人の結合部はまるで泡を噴いているように真っ白になってきました。
その絡み付き具合がどんどんきつくなり、僕は快感に耐えられなくなって、トモミさんの中に発射してしまいました。

1回だけじゃ満足できなかったトモミさんは、また僕の体を求めてきて、別れるまでにクンニで何十回もイカせ、SEXで4回も中出ししました。

今でもトモミさんとの関係が続いていて、月に何度か呼び出されてセフレのような関係になっています。
ビギナーズラックでいい思いができたので、その後も別のサイトを利用して、別の子に会うこともできました。